車での事故に遭った時、自分が車の事故の被害者のケースでも先方が非をこれっぽちも受諾しない状況は多くあります。仮定として、わざと起こしたかったのではなく注意不足で乗用車を激突した場合などに、そういった水掛け論になってしまう状況がないとは言えません。かといって、そのまま物損と処理されて数ヵ月後に症状が出た時に、通った病院の診断書を警察に提出するというのは後手後手に回るとなるのは仕方がなくなってしまいます。それでは自動車での事故の過失割合の決定にはどういう風な目安が決められているのでしょうか。正確に言いますと、警察が確定するのは自動車事故の大きなミスがあるのはどちらのドライバーかという内容でありどちらに何割過失があるのかというわけではないのです。さらに、最終的に明確にされた過失が認められた人が明らかにされる事は事は有り得ないです。このため、過失の割合がどうなのかは本人たちの相談の結果によって決定されそれが事故の賠償の基準になる訳です。その場面で、双方共に任意に加入する自動車保険に入っていない時は、両者が直接協議しなければなりません。当然の事ですがこの方法では、感情的な口論になる場合があります。この上、互いの言い分に隔たりがあれば万が一の場合、訴訟に進みますが、これは時間とお金のかなり大きな無駄となってしまいます。そんな分けで一般的には各々の人に付く自動車保険会社、このように双方の自動車の保険屋さんに交渉を頼む策を利用して、過失の割合を冷静に決めさせるのです。そういった際には自動車保険会社は、以前の自動車事故の事例の裁定から算定した判断材料、判断例等をたたき台として推定と交渉で過失の割合を決定します。とは言っても自動車での事故の際には、遭遇したのか起こしたのかに関わらず、真っ先に警察に電話するのが原則です。その後で、保険会社に連絡を取り、この先の協議を任せるのが手順となります。この順番さえ理解していれば、当事者同士の無益な議論となる場合を未然に防止できるに違いないのです。