自動車保険には任意保険あるいは自賠責保険に代表される2つの種別が販売されています。任意保険も自賠責保険も事故など備えたものですが、契約の中身は少し異なっているといえます。ふたつの保険を見比べると補償が約束される範囲が多少違ってきます。※事故の相手については自賠責保険あるいは任意保険によって補償が可能です。※自分自身へは、『任意保険』のみによって補償できます。※自分の財産については[任意保険]によって補償されます。自賠責保険単体では自分への手傷もしくはクルマに関する補償などのサポートは享受できません。次に相手方への支援ですが自賠責保険は死亡した時は上限3,000万円・後遺障害時最大で4,000万という風に定められています。ただし実際の賠償金がこの額面を凌ぐことは結構な頻度で起こり得ます。また相手方の所有する車や建物を毀損した時に関しては害を加えた者による全くの自己賠償になると定められているのです。そういった負担を防ぐため任意保険という別の保険が必要だと考えられます。被害者に対する救いを主眼としている任意保険というものにも実はそれに留まらない補償内容が存在します。※相手に対しては死亡時もしくは傷に加えてマイカーあるいは建物などといったものの対象物を補償するのです。※自らへは同乗していた人も対象として死亡時や傷を賠償します。※自分自身の財産へは、マイカーを補償してくれます。そのようにあらゆる面について万全であるということが任意保険が持つメリットです。保険料金の負担は欠くべからざるものとなってしまうこととは引き換えに相手のためにも自分を安心させるためにも、愛車に乗るのであれば任意保険というものに入っておくとよいでしょう。