予想外に急に出あってしまうのが事故です。その状況でどんな風に作業したかによって保険金の額も相当変わることも想像されますので適切な判断力と行動が不可欠です。考えもしないハプニングに動揺してしまったならば重要な場面を見落してしまい、その先自身がとても大きな損をしてしまう状況も考えられるので交通事故をしてしまった時には適切に以下に述べる対応をします。自動車の事故を起こしてしまった場面で一番初めにするべきは負傷した人の有無を確認する必要があります。交通事故後はパニックになって虚脱状態になってしまう場面がありすぐに対応できないのが当たり前です。だから、負傷者がいたならば危なくない場所に運んで応急手当して、周囲の人に助けを呼ぶなど人命救助の優先を心掛けましょう。119番に連絡する場面では正確な事故現場を連絡し、不確かな状態では周辺の目を引く建物や交差点を伝えて事故の現場の位置が分かってもらえるようにします。その次に110番に知らせ、交通事故があった事また現在の様子を説明します。救急車と警察の到着を待っている時間に負傷者の内容を調べます。氏名、住所、電話番号、免許証、車のプレート事故相手の自動車保険の会社名という自分だけでなく相手の情報をやり取りします。特に事故の相手方にミスがあった場合はその場で結論を出そうとすることが考えれますが即刻解決するのではなく、どのようなケースであっても110番や自動車の保険会社連絡して、正しく調査してもらうようにしましょう。それぞれの身元をやり取りしたら他の車の障害にならないように障害になる物を路上からどかします。万一障害となった物が誰かの交通の妨げとなっている状態では、それぞれの情報交換をするより優先してその対応を行うことは問題ありません。この後に自身の車の保険会社に電話をし、車の事故が起こった事を報告します。自動車の事故から特定時間内で自動車保険の会社に報告していないと、自動車での事故の保険の適用外に場面も考えられるので時間が出来たら早く連絡することが重要です。さらに事故内容の形跡として、デジタルカメラや携帯などを使って事故の現場やマイカーの破損箇所を見ることができる写真を撮っておきます。これは過失の割合決めるかなり大きな証拠とできますので自分自身の愛車や先方のクルマの故障個所をきっちりとカメラに残しておいてください。その状況で第三者がいたとしたら警察の方や保険屋さん到着するまで一緒に待機してもらうよう求めることも必要です。