自動車の損害保険には、皆様もご存知かとは思うのですが等級という略称で知られるものが被保険者に対して与えられます。正式にはノンフリート等級別料率制度といわれ、保険の料金にかなり大きく影響を与えています。等級というのは、自動車の損害保険に入っている者の公平さを保つことが狙いとするため、事故を引き起こす危険性ないしは、自動車損害保険を適用される見込みが高いと見込まれるほど掛金が増加します。反対にアクシデントを生じさせる確度がほとんどなく自動車損害保険を用いられることはないだろうと認められる被保険者に関してはリスクの低い被保険者に違いないと判断されることで、月額の掛金がぐっと押えられます。安全運転している加入者の人がそうでない人より優遇される決まりだといえるため、自動車事故を起こしやすい運転手には不都合な制度だといえます。等級という制度は、低リスクの保険利用者と事故の可能性が大きい利用者の保険料が同じだと公平でないと考える人が大多数なので自動車保険サイドにとっても損を減少させるために何が何でも欠くことのできないシステムだと考えられるのです。さて、等級という枠組みが詳しくはどのような枠組みなのか簡潔にご案内します。最初に、等級のランクには1等級?20等級まで設定されており、等級が増加するたびに保険の掛金が安くなるようになっていることが重要です。第二に、1等級?3等級の範囲については割り引かれず、かえって高くなり交通事故を生じさせ、自動車の損害保険を使用してしまうと三等級引き下げられより一層負担がかかるクルマの保険を払うことになってしまいます。第三に、はじめて自動車損害保険に加入するケースにおいては六等級よりの始まりとなり、その級から自分の等級が減るのか上がるのかはドライバーの実績によります。そのため、保険料を低くしたいドライバーはトラブルを防ぐために日々余裕を持った運転に努めるのがまずは一番大事だといえるでしょう。