予期せず、突然起こるのが事故です。そこでどう行動したかが原因となり、車の保険料の額も全く差が出る場面もあるので間違えない考え方と対策が不可欠です。思いつきもしない出来事に出会って冷静さを失ってしまったとしたら大切な対処を見落してしまい、後で大損を負わされる時もありますので自動車の事故に巻き込まれた場面では的確に以下に記述した対処するようにするとよいでしょう。乗用車の事故を起こした場合に一番初めにすべきなのは怪我をした人の状況を確認する必要があります。自動車事故直後は気が動転するあまり虚脱状態になってしまう場面があり直ちに対処できないのが通常です。その場合、怪我をした方がいた場合は安全が確認された場所へ動いて手当てして119番通報する等して人命救助の最優先に努めましょう。119番通報する場合は明確な現場を知らせて良く分からない状態では辺りの有名な建物や交差点名を連絡し事故の位置が分かるようにします。2番目に警察署へ電話して、自動車の事故があった事そして様子を告げます。救急車とパトカーを待っている間に事故の相手の身元をチェックします。姓名、住んでいるところ、連絡先、免許証番号、ナンバープレートの番号、事故の相手の自動車保険の会社名という各々のことを教えあいます。その場面で相手側にミスが存在する時には、すぐにやり取りしようとする場合がよくありますがその場で処理するのではなく、どのような場面にかかわらず110番や自動車の保険会社連絡して正確に判断してもらう事が大切です。お互いの身元を教えあったら他者のさまたげになるのを避けるために障害になる物を道路の上から取り去ります。仮に障害物が通りかかった人の交通の妨げとなっている場合は相手と自分の情報の交換をするより先にその対応を行うことは問題は起こりません。自身が掛金を支払っている保険屋さんに電話を入れ車での事故を起こしてしまった事を連絡します。自動車事故から一定の期間内のうちに自動車保険の会社に知らせておかないと自動車保険の適用外となる場合も想定されるので気がついたら素早く電話をすることが大事です。出来たら事故現場の証拠として携帯などで状況や車の破損の様子の写真を残しておきます。この写真は過失の割合決定する時にかなり大きな役割とできるので自身の自動車や先方の乗用車の破損状態をきっちりと写真に残しておくことが重要です。その際に目撃した人がいたら警官や保険屋さん来るまでその場所に待っていて頂くように話しておくことも大事です。