乗用車の(全損)とはその名称が示すように全てが壊れてしまう状態で言い換えれば走行が出来ないという状況の車としての役目を果たさなくなった場合に使われますが、乗用車の保険で定義されている【全損】はちょっと同様ではない内容があります。保険における乗用車が破壊された状態で「全損と分損」というように2つの結果に区分され、《分損》は修理の費用が保険内でおさまる時を示し、『全損』とは修理費が保険金を上回ることを表します。通常、乗用車の修復で『全損』という場面では車の心臓、エンジンに修復できないダメージが起こったり自動車の骨組みが歪んでいたりして直すことが不可能な場合リサイクルか処分と決められるのが普通です。しかし、交通事故が起きてディーラーや自動車保険会社が修理のお金を計算した時に、例え見た目が美しく元に戻すことができる時でも修復の費用が保険よりも高くてはどうして車の保険にお金を負担しているのか分からなくなってしまうでしょう。このような場合では、《全損》と判断して乗用車の所有権を車の保険の会社に引き渡して補償金を支払ってもらうようになっています。当たり前の事ながらそれなりの期間運転した車で愛情があり、自分で費用を出して修復して乗り続けたいというドライバーはけっこういるので場面に応じて保険屋さんと相談するといいのかもしれません。また、保険の種類によってはこういう場合が考えられていて車両全損時諸費用補償特約等《全損》の時のための特約が設けられている状況が多々あり万が一自動車が【全損】なった時でも買い替え等必要費用を一定分もってくれる場面も実在したりします。さらに盗まれた時の保険の特約をつけていたら盗まれてしまった愛車がなくなった時でも(全損)と判断され、保険金が払われるシステムになっているようです。