保険屋さんは万全と宣伝を行っていますが、自動車事故を起こしてしまった場合に間違いなくきちんと処置してくれるか心配です。なかでもネットで入るダイレクト型と呼称する店舗を備えていない会社では対応が見え難いことも心細くなってしまうのではないでしょうか。とは言っても、ダイレクト系自動車保険と実際にあるお店を持つ自動車保険の取り組みに取り立てて大きな優劣はなくダイレクト系自動車保険のほうが経費が減らせる分月々の保険料が低く抑えられているので自動車の事故にあわなければ保険掛金を下げることが可能なのです。それでは自動車保険の会社ごとに取扱いに隔たりがあるかと質問されればノーとは答えられません。その差異は店舗型の自動車保険、ダイレクト系自動車保険というような事が理由ではなく、個別の保険会社で事故処理をしてくれる時刻や日にちが別になることによります。事故はどんな場合でするか想像できませんので対応はいつでも対応してくれるのは必須条件でかつ祝日や夜間にその事故対応がきちんきちんとしているかを調査することが大事です。保険会社によってはどんな時も事故の受付でも事故の受付時間が平日でなければ異なっていて短縮されている保険の会社もあったりしますのでチェックが必要です。それとは別に、いざという時を考えて保険屋さんの処理拠点も正確に調べておくことも重要です。どのような保険会社でも処理拠点が多くなければ処理がすぐにされないこともあったりしますので家の近くに事故処理拠点が存在するかを事故対応のちがいを計るものさしです。ある程度の大きさの自動車の保険の会社は区域ごとに処理拠点を保有している場合もありますので連絡したときの対応も満足でき事故現場で行わなければならない対応にも的確にアドバイスしてくれると高く評価されています。